歯医者さんでホワイトニングをするとどのくらいの費用がかかるの?

ホワイトニングって何回通うの?費用はどのくらいかかるの?

ホワイトニングって何回通うの?費用はどのくらいかかるの?

 

 

「歯科医院でホワイトニングすれば真っ白な歯が必ず手に入る!」と思っている人は多いのではないでしょうか。

 

 

でも、残念ながらオフィスホワイトニング(歯科医院で行うホワイトニング)は、たった1回では満足できない方がほとんどです。
実際にオフィスホワイトニングをしている人の多くは、3回以上通院しています。

 

 

オフィスホワイトニングでは、薬剤を表面に塗り、その上からレーザーや光をあてて歯を白くします。この時に使用する薬剤は、歯の漂白剤のようなものです。薬剤の濃度が高ければ高いほど、歯を白くする効果は高くなりますが、歯に与えるダメージも大きくなってしまいます。

 

強力な薬剤のせいで歯の表面が傷ついて、ジクジクと突き刺すような痛みに悩む人も少なくありません。そのため、歯科医院では複数回に分けて歯のホワイトニングをするのが一般的です。

 

歯科医院のホワイトニング治療では、歯の色を16段階で表します。

 

ホワイトニングって何回通うの?費用はどのくらいかかるの?

画像引用元:VITA社シェードガイド

 

この時、見た目にわかりやすいように「黄ばんだ歯→真っ白な歯」の順にグラデーションに並んだ16本の歯の模型を使うところが多いです。
これはカラーガイドと呼ばれるもので、「今の自分の歯の色」がどの段階で、「理想の歯の色」はどの段階なのか・・・を知るためのものです。

 

 

 

何回の通院で、何段階くらい歯が白くなるのかは、使用する機械によって変わります。
あくまで目安ですが、ハロゲンライトは3〜4回の通院で1〜2段階、ルマクールは2〜3回の通院で2〜4段階、レーザーは2〜3回の通院で4〜6段階です。効果の高いものほど、当然ながら費用も高額になります。

 

 

なお、「1回で綺麗になる!」と広告で謳っている歯科医院も多いのですが、よくよく見ると小さく「個人差があります」などと書かれていたりします。
1回で真っ白にするのは歯にダメージが大きく痛みのリスクが高いですし、見た目にわかるほどの着色汚れがたった1回のオフィスホワイトニングで真っ白になるというのは考えにくいです。

 

 

オフィスホワイトニングは確かに歯を白くしてくれますが、「満足するまでに最低でも3回は通う必要がある」と思っておいた方がいいでしょう。
しかも、綺麗になった歯を維持するのは大変です。歯は毎日食べ物と触れ合うわけですから、定期的にホワイトニングに通わないと維持できません希望の白さになったとしても、何もしなければ数か月で元通りの歯に逆戻りしてしまいます。

 

 

オフィスホワイトニングだと、まずは希望の色になるまでに約3回、その後はメンテナンスのために通い続けなければいけないので、かなり費用が掛かってしまう印象です。

 

 

ホワイトニングにかかる費用

ホワイトニングって何回通うの?費用はどのくらいかかるの?

ご存知の方も多いと思いますが健康保険が適用されるのは「治療」の場合だけなので、歯科医院で行うオフィスホワイトニングは健康保険がききません。

 

見た目を綺麗にするための治療は健康保険適用外、つまりすべて自腹というわけです。

 

 

オフィスホワイトニングでは、以下の項目に費用が掛かります。

 

  • 診察料
  • 歯のクリーニング ※ホワイトニング前の汚れ落とし
  • ホワイトニング
  • 歯のコーティング ※ホワイトニング後のコーティング

 

これらすべてにかかる目安の費用は「2〜3回の通院で3〜5万円」といったところ。

 

ただ、自由診療なので歯科医院によって費用はかなり違います。
東京近郊と地方の歯科医院の料金を問い合わせてみましたが、地方の歯科医院の方がリーズナブルな印象を受けました。(といっても、十分高いのですが・・・)
東京近郊のオシャレな歯科医院だと、3回の治療で7〜10万円かかることも珍しくありません。

 

しかも、オフィスホワイトニングは1回綺麗になったら終わりではありません。その後も3〜10か月おきに通ってメンテナンスしなければいけません。
「2〜3回の通院で3〜5万円」というのは、最初にホワイトニングするときの目安です。

 

その後もメンテナンスで通うときには、同様に費用がかかります。
歯科医院に通って綺麗な歯を維持しようと思うと、かなりお金がかかってしまいますね・・・。

 

かかる費用まとめ
  • 全体で最終的にホワイトニングにかかってくる金額は大体3万円〜5万円
  • 都内の場合は、7〜10万円が相場
  • その後のメンテナンスは別費用

 

お金を使わずに手軽にホワイトニングをする方法

「歯のホワイトニングだけで何万円も使うのはちょっと・・・」という人は、多いと思います。

 

ホワイトニングは1回通って終わりというものではないので、毎回何万円も支払うのはかなり負担が大きいです。
綺麗な歯を維持したければ一生続けなければいけないわけですから・・・。

 

 

「口元の見た目が気になるけど、費用も抑えたい」という人におすすめしたいのが、自宅でできるホワイトニング。
ホームホワイトニングと呼ばれるものです。

 

 

歯科医院に通う手間がありませんし、歯にダメージを与える高濃度の薬剤を塗る必要がないので安心です。毎日の歯磨きケアにプラスするだけで、歯についた汚れを落としたり、歯に汚れが付きにくくすることができます。

 

ただし、市販のホームホワイトニングアイテムには、ほとんどホワイトニング効果がないものも売られています。
「歯を白くする!」といった文言に騙されず、必ず成分をチェックするようにしてください。

 

 

そこで、歯を白くするのに有効な成分を3つご紹介します。

 

1.ポリアスパラギン酸

歯の着色汚れの原因に反応して、ギュッと固まる作用のある成分です。
歯磨きしても落としきれない着色汚れを落としやすくしてくれます。
着色汚れをつきにくくする作用もあるので、良い状態をキープするのに欠かせない成分です。

 

 

2.リンゴ酸

リンゴを食べたときにほのかに感じる酸味。
あれは、リンゴに含まれる有機酸の1つです。リンゴ酸には、ポリアスパラギン酸同様、歯に汚れをつきにくくする作用があります。

 

 

3.ビタミンC

「美白にはビタミンC」と言いますが、これは口元にも共通しています。
歯ぐきも皮膚なので、ビタミンCが欠かせません。
また、ビタミンCには歯の汚れを取り除く効果も期待できるので、すでに付着した歯の汚れが気になる人にもおすすめです。

 

 

これらを踏まえたうえで、おすすめはしたいのが「ちゅらトゥースホワイトニング」です。

 

ホワイトニングって何回通うの?費用はどのくらいかかるの?

 

ちゅらトゥースホワイトニングは先ほどご紹介した3つの成分がすべて配合されているので、汚れ落とし・汚れの再付着防止・綺麗な状態のキープの3つが叶います。

 

しかも、1日2回歯磨きとセットで使うだけとかなりお手軽。

 

 

 

ホワイトニングは、1回やって終わりじゃありません。
歯の着色汚れを取ったら、その状態をキープしないといけないんです。

 

 

ちゅらトゥースホワイトニングのように「効果があって、かつ続けやすいもの」を選ぶのが、ホームホワイトニング成功のコツです。

 

 

実は、オフィスホワイトニングしている方でも、「ちゅらトゥースホワイトニング」を使っている方は多いそうです。
自宅でこまめにホワイトニングケアしてあげれば、歯科医院に通う頻度も少なくて済みますし、かなり経済的ですよね。

 

ホワイトニングって何回通うの?費用はどのくらいかかるの?

 

管理人も実際にお世話になっています^^
すでに歯科医院でホワイトニングをしている、もしくはホワイトニングしようと思っている人にもちゅらトゥースホワイトニングはおすすめですよ。

 

ちゅらトゥースホワイトニングの体験談はこちらからどうぞ>>