歯が黄ばんでしまう理由って?歯を白くするためには?

歯が黄ばんでしまう理由って?歯を白くするためには?

歯が黄ばんでしまう理由って?歯を白くするためには?

 

ここでは、白い歯がなぜ黄ばんでいってしまうのか?その理由や対策方法について紹介しています。

 

歯が黄ばんでしまう理由とは?

人の見た目に関するアンケートによれば、黄ばんだ歯は相手に不潔な印象を与えてしまうようです。

 

たしかに、にっこり笑ったときに見える歯は綺麗な方が良いですよね。

 

 

 

「歯が黄ばむのは、歯磨きをしっかりしていないからだ」という人も多いのですが、実はそうとは限りません。

 

歯ブラシで歯の表面をゴシゴシこするだけでは、真っ白な歯は手に入らないんです。

 

間違った歯磨きが、黄ばみを悪化させていることもあります。

 

歯の黄ばみに悩んでいる方は、以下の5つに思い当たるものがないかさっそくチェックしてみましょう。

 

1.生まれつきの黄ばみ

子供の頃からずっと歯が黄ばんでいたという人は、生まれつき歯が黄ばんでいるタイプかもしれません。
このタイプの人は、歯の象牙質が黄色っぽくなっています。

 

日本人は「黄色人種」と言われていますが、肌だけでなく歯の象牙質も「黄色っぽい」ことが多いのです。

 

歯の表面に見えているのはエナメル質というものなのですが、その内側にあるのが「象牙質」です。
象牙質を覆っているエナメル層は半透明なので、象牙質の色は表面に透けて見えます。つまり、象牙質がどんな色かによって、見た目の歯の色が変わってきてしまうというわけです。

 

2.加齢

年を重ねると表面のエナメル質が薄くなるので、象牙質の色が目立ちやすくなります。お年寄りで歯が黄ばんでいる人が多いのは、象牙質の色が透けて見えているからです。

 

日本人は、生まれつき象牙質が黄色っぽい人が多いので、加齢によってさらに黄ばみが目立ちやすいといえます。

 

 

3.色が濃い食事

毎日の食事も、歯の黄ばみの原因になることがあります。
当然のことながら色の濃い食べ物は色素も濃いので、歯の表面に色が残りやすくなってしまいます。

 

1回や2回、色の濃いものを食べただけでは目に見えませんが、歯磨きでは落としきれない汚れは少しずつ蓄積されていきます。
「歯が黄ばんできたかも・・・」と気が付くころはずいぶん時間がたっているので、歯磨きしても汚れは落とせなくなっています。

 

 

歯が黄ばみやすいと言われているのは、カレーなど香辛料をたっぷり使った料理や、チョコレート、トマト、ブドウなど。
その他、コーヒーや紅茶などカフェイン入り飲料や、赤ワインなどポリフェノールが豊富な飲料にも注意が必要です。

 

 

4.喫煙

歯が黄ばんでしまう理由って?歯を白くするためには?

色の濃い食べ物以上に黄ばみの原因になるのが、喫煙です。
タバコに含まれる「タール」は、歯の表面にこべりつきやすい特性があります。

 

タールが付着して1〜2時間以内であれば歯ブラシで取り除けますが、時間がたてばたつほどタールは落ちにくくなります。
喫煙後に歯磨きしているのに黄ばみが気になるという人は、間違った歯磨きでエナメル層を傷つけているのかもしれません。

 

 

5.間違った歯磨きケア

 

「歯の黄ばみに気を使って丁寧に歯磨きしている人ほど、歯が黄ばんでいる」という驚くべきデータがあります。

 

その原因は、自己流の間違った歯磨きです。

 

ドラッグストアで売っている歯磨き粉の多くは「研磨剤」が入っています。研磨剤入りの歯磨き粉は、歯の表面を無理やり削って汚れを落とします。そのため、研磨剤を使った歯の表面は傷だらけ。
ザラザラに傷ついた歯は、ツルツルの歯に比べて汚れが付着しやすくなってしまいます。

 

「歯が黄ばむ→研磨剤入り歯磨き粉でこする→さらに歯が傷ついて汚れが付きやすくなる」という悪循環を招いている可能性があるわけです。

 

 

歯を白くするための方法

仮に歯の黄ばみになる原因を全部止めたとしても、すでに黄ばんでしまった歯が真っ白になることはありません。

 

残念ながら、歯の黄ばみが勝手に綺麗になることはないからです。

 

 

歯を白くしようと思ったら、今ある黄ばみを何とかしなくてはいけません。
そのために有効なのが、「ホワイトニング」です。

 

歯が黄ばんでしまう理由って?歯を白くするためには?

ホワイトニングは、歯医者もしくは自宅で行うことができます。

 

 

歯医者で行うホワイトニングは「オフィスホワイトニング」と言うのですが、相場は2〜3回の通院で3〜5万円ほどです。

 

東京近郊のおしゃれな歯科医院だと、10万円近くなることもあります。

 

費用を抑えて手軽にホワイトニングするなら、自宅でできる「ホームホワイトニング」がいいと思います。

 

おすすめは、「ちゅらトゥースホワイトニング」というアイテム。
これだと1日あたり100円ちょっとでホワイトニングケアできます。

 

歯が黄ばんでしまう理由って?歯を白くするためには?

 

ホワイトニングケアできる市販アイテムは他にもありますが、「こすって落とす」発想のものは歯の表面を傷つけるのでおすすめしません。

 

一時的に黄ばみは綺麗になるかもしれませんが、ちょっとしたことで汚れやすい歯になってしまいます。

 

しかも、研磨剤の使いすぎは歯のエナメル層を傷つけるため「知覚過敏」の原因になりやすいです。

 

 

ちゅらトゥースホワイトニングなら、研磨剤が入っていないので毎日使っても安心です。

 

こすって落とすのではなく「歯の汚れを浮して再付着を防ぐ」アイテムなので、汚れにくい歯を目指せます。

 

間違ったホワイトニングケアは、歯の黄ばみを悪化させるもと。
歯ブラシでゴシゴシ無理やり汚れを落とすのは止めて、汚れを無理なく落とせるホワイトニングアイテムを取り入れてみてくださいね。