ちゅらトースを綿棒を使って歯に塗るのは正しくない?

ちゅらトースを綿棒を使って歯に塗るのは正しくない?

ちゅらトースホワイトニングを綿棒を使って歯に塗るのは正しくない?

 

ちゅらトースにホワイトニングついて調べてみると、

 

「ちゅらトースは綿棒を使って塗ったほうが良い!」という意見と
「ちゅらトースは綿棒を使って塗るのはあまりよくない」という意見がありました。

 

正直これではどちらが正しいのかわかりません。なので実際のところちゅらトースは綿棒で使ったほうが良いのか?をわかりやすくまとめてみました。

 

 

 

ちゅらトースは綿棒を使って使わないほうが良い?

まず第一にちゅらトースを綿棒で使うのは、どんなふうにちゅらトースを使いたいかによります。
ちゅらトースを綿棒で使うメリットとデメリットについてまとめてみたので、そこを参考に自分に合った使い方を選ばれてみてください。

 

 

ちゅらトースを綿棒で使うメリット・デメリット

 

メリット デメリット
  • 歯にしっかりとちゅらトースを塗ることができる
  • ゴシゴシしないので歯を傷つけずにちゅらトースを濡れる
  • 歯茎に塗れて歯周病予防になる
  • 奥歯までちゅらトースを届かせることができない
  • 一度にたくさんの量のちゅらトースが必要

 

 

ちゅらトースで綿棒を使うメリット

ちゅらトースホワイトニングを綿棒を使って歯に塗るのは正しくない?

歯にしっかりとちゅらトースを塗ることができる

歯ブラシでちゅらトースを使うとどうしても唾液でちゅらトースが溶けてしまいあまり歯に塗ることができません。
ですが綿棒につけることで、しっかりと歯にちゅらトースを塗ることができます。
できるだけ早く歯を白くしたい人には綿棒はおすすめです。

 

 

ゴシゴシしないので歯を傷つけずにちゅらトースを濡れる

歯ブラシを使うと、力が強い人だとゴシゴシこすってしまい歯を傷つけてしまう恐れがあります。
ですが、綿棒を使うことで歯を傷つけることなくホワイトニングをすることができます。
自分は力が強いと思う人にはおすすめです。

 

 

歯茎に塗れて歯周病予防になる

ちゅらトースはホワイトニング以外にも、歯周病を予防する成分が含まれています。
綿棒につけて使うことで、歯ブラシでは塗りにくい歯茎にちゅらトースを塗ることができるので歯周病予防をすることができます。

 

 

ちゅらトースで綿棒を使うデメリット

ちゅらトースホワイトニングを綿棒を使って歯に塗るのは正しくない?

奥歯までちゅらトースを届かせることができない

綿棒なので、奥歯までちゅらトースを塗るのは難しいでしょう。
無理に塗ろうとすると嘔吐してしまう場合もあるので綿棒を使って奥歯に塗るのは要注意です。
奥歯までホワイトニングをしたいのであれば歯ブラシを使うのがおすすめです。

 

 

一度にたくさんの量のちゅらトースが必要

綿棒を使うと、ちゅらトースが綿棒にしみこんでしまいます。
なので、歯磨きをするときよりも多くのちゅらトースが必要になってしまいます。
コスパを考えているのであればあまりおすすめできません。

 

 

以上、ちゅらトースを綿棒で使うメリットとデメリットになります。
それぞれ、ちゅらトースを使う目的によって使い方も変わってくるのでぜひ自分に合った使い方をされてみてください!

 

※衝撃※ちゅらトゥースホワイトニングの効果・口コミは嘘だった!?

 

管理人がちゅらトースを使った体験談はこちら